【おすすめ度No.1】ミレンVPNの評判・口コミを調査してみた結果…

中国でSNSが使えない理由と対策 中国のインターネット事情と規制を回避する方法を解説

中国では「グレイト・ファイアウォール」というネット検閲システムがあるため、日本のようにLINEやTwitterなど各種SNSの利用ができません。

しかし通常とは異なる回線を使用するVPNサービスを使うことで、中国でもSNSの利用が可能になります。

本記事では、中国でSNSが使えない理由やネット規制を突破する方法を紹介します。

また、当サイトでは中国で利用できるおすすめVPNもまとめているので、あわせて参考にしてみてください。

目次

中国でSNSが使えない理由

中国ではグレイト・ファイアウォールというネット検閲システムが導入されているため、TwitterやYouTube、Facebookなど日本で当たり前に利用できるサービスが使えません。

検閲システム導入の背景はインターネット上で行われる可能性がある、中国政府への組織的な批判をさせないことや、自国の通信産業発展のために他国のサービスを利用できなくしていることが挙げられます。

中国で規制されているSNSやサイト

中国で利用できない主なサービスを以下にまとめました。

  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
  • Google
  • Yahoo!

基本的に中国では、日本で使っているサービスはほぼすべて利用できないと考えていてよいです。

なお中国で規制されているサービスは、代わりとして以下のアプリが利用されています。

規制サービス代わりとなるサービス
LINEWeChat
Facebook人人網(レンレンワン)
YouTubeBiliBili
Twitterweibo
InstagramOasis
GoogleBaidu
規制サービスの代わりとなるアプリ

中国のネット規制を突破する方法

中国から日本でも使っているSNSを利用するには、グレイト・ファイアウォール(ネット検閲システム)をすり抜ける必要があります。

以下では、4つの方法を紹介します。

  • VPNサービスの利用をして突破する
  • 海外ローミングを利用する
  • 香港SIMカードを契約する
  • VPNありのポケットWi-Fiを契約する

VPNサービスの利用をして突破する

VPNサービスの利用が一番簡単かつ安全に中国でインターネット利用ができます。

VPNとはバーチャルプライベートネットワークの略称で、通常とは異なる回線を利用して通信を行うため、セキュリティが向上します。

VPNを使用すると、IPアドレスを隠して別の国の安全なサーバーに接続できるため、TwitterやYouTubeなどのブロックされる可能性があるコンテンツにアクセスが可能です。

中国で利用できるおすすめのVPNサービスは「中国からSNSを開くのにおすすめのVPN」で解説しています。

海外ローミングを利用する

海外ローミングは、日本国内で契約しているドコモやauなどの携帯会社の契約を海外で使うことをいいます。

海外旅行や出張などで接続するには便利な方法ではありますが、基本的に高額な料金がかかります。

料金は契約している携帯会社や使用するデータ通信量によりますが、例えばユーザーの多いドコモの場合、1日980円〜2,980円です。

利用料金が高額となるため、推奨できませんが海外ローミングの利用を検討している方は、携帯の契約や滞在期間などを確認することをおすすめします。

なお「中国からSNSを開くのにおすすめのVPN」で解説しているVPNは30日間返金保証がついているため、数日間だけ利用したい場合にも最適です。

香港SIMカードを契約する

香港のSIMカードを契約してスマホに入れ替えることで、中国のネット規制を回避できます。

しかし利用するスマホやタブレット端末をSIMロック解除する必要があることや、一部使えないサービスもあるため、あまりおすすめできません。

VPNありのポケットWi-Fiを契約する

持ち運べて便利に使えるポケットWi-Fiには、VPNがついたプランがあります。

通常のポケットWi-Fiでは中国のネット規制にひっかかるため使えませんが、VPNありのプランであれば問題なくインターネット利用が可能です。

しかしポケットWi-Fiの料金は高く、月額3,000~4,000円はかかることや使えるデータ通信量も限られます。

したがって中国から日本の動画配信サービスを利用する場合など快適に利用したい方にはおすすめしません。

中国からSNSを開くのにおすすめのVPN

中国からSNSを開くのにおすすめのVPN
by:MillenVPN

中国ではサイバーセキュリティ法の施行により、中国政府機関に許可を受けていないVPNサービス以外は規制が行われているため、無料VPNはほぼすべて利用できません。

なお個人情報漏えいなどセキュリティの観点からも、無料VPNは絶対に利用しないようにしましょう。

以下では、中国で安全にインターネットを利用できる評判のよいサービスである「MillenVPN」と「NordVPN」を紹介します。

「MillenVPN」の特徴

Millen VPN
サーバー設置国数: 72カ国以上
サーバー数: 1,300台以上
月額料金 : 1,496円
最安価格 : 3年プラン 月額968円
最大同時接続台数 :5台
専用アプリ:Windows /MacOS/Linux/Android/iOS

公式サイトで詳細を見る

メリット
デメリット
  • 日本の運営なので安心して利用できる
  • ービス対応表が公式サイトに掲載されているのでわかりやすい
  • VPNサービスの中では1ヶ月プランの利用料金が安い
  • サポートと日本語でやり取りできる
  • 総サーバー数自体は他VPNサービスのが多い

MillenVPN」は業界では珍しい「株式会社アズポケット」という日本企業が運営する中国での利用が可能なVPNサービスです。

VPNのほとんどは海外運営のため、公式サイトが見づらいことや契約時の説明事項が英語表記といったことがありますが、日本運営である同サービスはすべて日本語表記といった特徴があります。

カスタマーサポートが日本語対応でわかりやすく、ライブチャット機能ですぐに解決できます。

セキュリティは金融機関レベルと非常に強力であるため、VPNを初めて使う方や海外のサービスが不安な方におすすめです。

また同サービスは30日間の返金保証がついているため、比較検討やお試しに最適です。

デメリットとして総サーバー数が他VPNより少ないことが挙げられますが、インターネット利用や動画配信サービスを視聴する使い方であれば問題ありません。

「NordVPN」の特徴

NordVPN
サーバー設置国数: 60ヵ国以上
サーバー数: 5,000台以上
月額料金 : 1,520円
最安価格 : 2年プラン 月額460円
最大同時接続台数 :6台
専用アプリ:Windows /MacOS/Linux/Android/iOS
Playstation/Xbox

公式サイトで詳細を見る

メリット
デメリット
  • さまざまな動画配信サービスに対応
  • 国家レベルの暗号機能で情報漏えい防止
  • 操作が簡単で初心者でも扱いやすいアプリ設計
  • 海外運営なのでカスタマーサポートは英語で対応する必要がある

NordVPN」はパナマ共和国の「Tefincom S.A.」という企業が運営する知名度No.1のVPNサービスです。

中国を含む海外から日本の動画配信サービスを視聴するのに適しており、国家レベルの暗号機能により情報漏えいなどを防ぐことから高いセキュリティが特徴です。

同サービスは規制回避用のVPNサーバーを持っているため、厳しいネット検閲システムがある中国でも問題なく安全にインターネットを利用できます。

操作が直観的であることから、VPN初心者や海外から動画配信サービスを視聴したい方におすすめです。

海外運営のためカスタマーサポートは英語で対応する必要がありますが、サポート画面から日本語に設定することも可能なため、デメリットに感じません。

同サービスは「MillenVPN」と同様に30日間の返金保証がついているため、今後利用していく予定の方は、使用感などを比較するのもよいです。

\日本語対応で使いやすい/

VPNサービスの登録方法と使い方を解説

ネット規制の厳しい中国でインターネットを利用するにはVPNが最も快適かつ安全に利用できます。

ここでは初めてVPNを使う方向けに「MillenVPN」の登録を例に紹介します。

STEP
MillenVPNの公式サイトから購入ページへ飛ぶ
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: millen-app0-1.png

MillenVPNの公式サイトの右上から「今すぐお申し込み」をクリック。

STEP
購入プランを選ぶ
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: millen-touroku1-1024x550.png

ご契約期間から「1ヶ月プラン」「12ヶ月プラン」「24ヶ月プラン」の3つのプランから選ぶことができます。

長期的な使用を考えている方は24ヶ月間プランが一番お得で、通常の価格の62%オフの価格で契約することができます。

STEP
ご注文内容を確認
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: millen-touroku2-1024x495.png

内容に問題がなければ「お客様情報の入力」を選択してください。

STEP
お客様情報を入力と支払い方法を入力
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: millen-touroku3-1024x744.png


お客様情報を入力して、「クレジットカード」または「銀行振込」を選択して支払い情報を入力してください。

STEP
メールアドレスにきたリンクからアプリをダウンロード

STEP4の登録を完了すると、メールアドレスにユーザー名とパスワードが送られてきます。
上記画像にはVPNアプリのダウンロードリンクも掲載されているので、URLにジャンプしてアプリをダウンロードしましょう。
以上でVPNの登録は終了します。

VPNの使い方の一例

中国でインターネットを利用する際のVPNサービスの使い方を解説します。

STEP
MillenVPNのアプリを開き、アカウントにログインする
Millen VPNログイン

ダウンロードしたMillenVPNのアプリを開くと、ログイン画面が表示されるので、メールアドレスに届いたユーザー名とパスワードを入力しましょう。

STEP
ログインしてMillenVPNアプリを使用する

ログインすると上記画像のように国名が表示されます。

例として「Australia-Sydney」を選択して、右上の接続を押します。

STEP
国名をクリックして接続

上記画面のような表記になれば接続に成功です。

切断したい場合は、「切断」ボタンをおせば簡単に切断することができます。

中国でSNSが使えない理由と対処法のまとめ

  • 中国では厳しいネット検閲システムがあるためSNSが使えない
  • 中国のネット規制を突破するにはVPNが最も簡単かつ安全
  • 中国でのVPNは「MillenVPN」か「NordVPN」がおすすめ

中国では「グレイト・ファイアウォール」という非常に厳しいネット検閲システムがあるため、日本で当たり前に使えているLINEやFacebookなどのSNSが利用できません。

中国からSNSを利用するには海外ローミングの利用や、香港SIMの契約などがありますが、料金が高いことや利用できないSNSもあるためおすすめできません。

最も簡単かつ安全にインターネットを利用するにはVPNサービスの利用がおすすめです。

中国からSNSを開くのにおすすめのVPN」で紹介した「MillenVPN」や「NordVPN」は、中国でも問題なくSNSを利用できます。

またセキュリティレベルが非常に高いことや、アプリが使いやすいなど初めて使う方に適しています。

両サービスともに30日間の返金保証がついているため、ぜひ気軽に試してみてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次