【おすすめ度No.1】ミレンVPNの評判・口コミを調査してみた結果…

VPNを利用してIPアドレスを海外にする方法 海外IPに変更することのメリットも説明

IPアドレスを海外にする方法

日本では海外版Netflixや韓国のMusic Bankといった動画コンテンツは、海外によってアクセス制限があるため視聴ができません。

しかしVPNサービスを使ってIPアドレスを変更することで、閲覧が可能になります。

この記事では海外の動画コンテンツやサイトを閲覧するために、IPアドレスを変更する方法やおすすめのVPNサービスを紹介します。

また、当サイトでは目的別の利用やサービスの比較点などをまとめた「おすすめVPN」についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

\ IPアドレスを隠せるおすすめVPNサービス /

スクロールできます
おすすめVPNサービス月額料金返金保証特徴評価
MillenVPNロゴ1,496円有(30日間)日本企業が運営していて利用しやすい
(5.0 / 5.0)
NordVPNロゴ1,520円有(30日間)動画視聴対応数がもっとも多い
(5.0 / 5.0)
料金は2023年1月時点のものを記載
目次

IPアドレスを海外にする方法

by:MillenVPN

IPアドレスを海外に変更するにはVPNサービスを使います。

VPNとはプライベートネットワークの略称で、通常とは異なる専用のインターネット回線を通る仕組みのことをいいます。

IPアドレスはスマホやPCの住所のような役割のため、日本からのアクセスを拒否するような海外のサイトの場合はアクセスできません。

しかしVPNはIPアドレスを接続先の海外に変更して接続できるため、日本に居ながら海外の動画配信サービスやサイトへのアクセスが可能になります。

VPNでIPアドレスを海外に変更するメリット

IPアドレスを海外に変更するメリットは主に以下の4つです。

  • 日本から海外のサイトにアクセスできる
  • 海外から日本のサイトにアクセスできる
  • 物価の安い国から、安いプランで契約できる
  • ネット検閲が厳しい国でも監視を回避できる

VPNはそもそもインターネットを安全に利用するための仕組みであるため、個人情報の保護ができるといったメリットもあります。

VPNの仕組みなどについて詳しくは「VPNとは何か?」で解説していますので、あわせてご覧ください。

日本から海外のサイトにアクセスできる

日本から海外のサイトにアクセスできる

VPNを使ってIPアドレスを変更することで、通常ではアクセスできない以下の海外サイトに接続できるようになります。

  • 海外版Netflix
  • 海外限定で配信されているYouTube
  • Music Bank
  • 韓国MBC
  • カカオTV

他にもイギリスや台湾などの動画配信サービスや各種サイトを閲覧できます。

契約するVPNによって視聴できないサービスもあるので、公式サイトで確認することをおすすめします。

海外から日本のサイトにアクセスできる

海外から日本のサイトにアクセスできる

日本から海外にする要領でIPアドレスを日本に変更すれば、海外旅行や出張の際などにも、日本のコンテンツを閲覧できます。

VPNを使うことで海外から閲覧できるようになる日本のサイトは以下のとおりです。

  • 日本版Netflix
  • Amazon Prime Video
  • AbemaTV
  • dTV
  • Tver
  • TELASA

日本から海外の動画配信サービスやサイトを閲覧するときと同様に、契約するVPNによって異なるため、公式サイトで確認することをおすすめします。

物価の安い国から、安いプランで契約できる

物価の安い国から、安いプランで契約できる

VPNを使って物価の安い海外のサーバーに接続することで、YouTube PremiumやNetflixなど、海外にもあるサブスクリプションが日本より安く契約できます。

例えばYouTube Premiumを契約する場合、以下の表のようにアルゼンチンやインドに接続すると、年間で12,000〜13,000円もお得になります。

月額年間
日本1,180円14,160円
アルゼンチン389アルゼンチンペソ(約311円)約3,732円
インド129ルピー(約213円)約2,556円
2023年時点

ネット検閲が厳しい国でも監視を回避できる

VPNを使うことでネット検閲が厳しい国にいても監視も回避できます。

特に中国では自国の通信産業の強化や中国政府の組織的な批判をさせないために規制が厳しくなっています。

そのため日本で使えているTwitterやInstagramなどのSNSや、Netflixなどの動画配信サービスの利用ができません。

VPNを使ってIPアドレスを変更することで、中国などのネット規制が厳しい国でも問題なく利用可能です。

中国などでの利用を考えている方は「中国におすすめのVPNサービス」の記事を参考にしてみてください。

海外のIPアドレスに変更できるおすすめのVPNサービス

IPアドレスを海外に変更して、日本からアクセスできないサイトを閲覧するには、有料のVPNを利用するのがおすすめです。

以下では当記事でおすすめのVPNサービス「Millen VPN」と「NordVPN」を紹介します。

これらのサービスは海外の動画配信サービスを閲覧するのに適しているほか、金融機関や軍事レベルといった非常に高いセキュリティが備わっているため、インターネットを安心して利用できます。

両サービスともAndroid/iOSのスマホに対応しており、サーバー設置国が多いため、動画配信サービス利用時に通信が遅くなるといったことも少ないです。

またアプリの設定が簡単なことや利用料金が格安なため、初めてVPNを使う方にも適しています。

MillenVPNの特徴

Millen VPN
サーバー設置国数: 72カ国以上
サーバー数: 1,300台以上
月額料金 : 1,496円
最安価格 : 3年プラン 月額968円
最大同時接続台数 :5台
専用アプリ:Windows /MacOS/Linux/Android/iOS

公式サイトで詳細を見る

メリット
デメリット
  • 日本の企業が運営する安心感
  • 比較的通信速度が速い
  • モバイルアプリの設定が簡単
  • 1ヶ月の利用料金は格安
  • サーバー設置国数が他VPNより若干少ない

Millen VPN」は業界では珍しい日本のアズポケット株式会社が運営するVPNサービスです。

日本運営ということから、カスタマーサポートなどが日本語対応しているほか、公式サイトが見やすいのが特徴です。

通信速度が比較的速いため、海外の動画配信サービスをストレスなく閲覧できます。

さらに、1ヶ月の料金が他VPNより格安なうえ、日本運営であるため、海外のサービスが不安な方やVPNを初めて使う方におすすめです。

同サービスは30日間の返金保証がついているため、気軽にお試しできるのも嬉しいポイントです。

\完全日本語対応で初心者も安心/

関連記事 Millen VPNの特徴・評判まとめ

NordVPNの特徴

NordVPN
サーバー設置国数: 60ヵ国以上
サーバー数: 5,000台以上
月額料金 : 1,520円
最安価格 : 2年プラン 月額460円
最大同時接続台数 :6台
専用アプリ:Windows /MacOS/Linux/Android/iOS
Playstation/Xbox

公式サイトで詳細を見る

メリット
デメリット
  • 長期契約の割引率が高い
  • 日本語に対応していて使いやすい
  • 対応動画コンテンツが多い
  • アプリ操作が直感的でわかりやすい設計
  • キルスイッチがiOSだと一部機能しない部分がある

NordVPN」はパナマ共和国のTefincom S.A.という企業が運営する知名度No.1のVPNサービスです。

1年や2年といった長期契約時の割引率が高いことや、対応動画コンテンツが多いのが特徴です。

同サービスは海外運営ですが日本語にも対応しているため、VPN初心者や海外から動画配信サービスを視聴したい方におすすめします。

Millen VPN」と同様に30日間の返金保証がついているため、どちらも契約してみて、使用感などを比較するのがおすすめです。

語対応で使いやすい/

関連記事 NordVPNの特徴・評判まとめ

IPアドレスを海外にする際に無料VPNは危険なのでおすすめしません

IPアドレスを海外に変更する際はもちろん、セキュリティの観点からも無料VPNの利用はおすすめできません。

無料VPNは「Millen VPN」や「NordVPN」のような有料サービスと違い、セキュリティが脆弱であるほか、個人情報が漏えいするリスクがあります。

有料VPNでは、金融機関や軍事レベルといった高いセキュリティが採用されているほか、検索履歴などのログを取らないノーログポリシーがあるため安心です。

一方でほとんどの無料VPNは、セキュリティレベルが記載されていないなど曖昧なことが多いうえ、ノーログポリシーもありません。

個人情報が漏えいするリスクや最悪の場合、犯罪などのトラブルに巻き込まれる恐れがあり非常に危険です。また、そもそも通信速度が遅いことや、サーバー数が少ないため使い物にならないことがあります。

したがって無料VPNは使わず、有料のVPNを使うようにしましょう。

IPアドレスを海外にする方法のまとめ

\ IPアドレスを隠せるおすすめVPNサービス /

スクロールできます
おすすめVPNサービス月額料金返金保証特徴評価
MillenVPNロゴ1,496円有(30日間)日本企業が運営していて利用しやすい
(5.0 / 5.0)
NordVPNロゴ1,520円有(30日間)動画視聴対応数がもっとも多い
(5.0 / 5.0)
料金は2023年1月時点のものを記載
  • IPアドレスを海外に変更するにはVPNを利用する
  • 通常では視聴できない海外の動画コンテンツなどが日本で観れるようになる
  • 無料のVPN利用はセキュリティの観点からおすすめできない

IPアドレスを変更して、海外でしか視聴できない動画コンテンツやサイトを閲覧する場合はVPNサービスが必要です。

VPNを使うことで、日本から海外版NetflixやYouTubeなどのコンテンツを利用できるようになります。

他にも物価の安いアルゼンチンなどのサーバーに接続することで、YouTube Premiumなどを格安で契約できるなど多くのメリットがあります。

VPNには無料で利用できるサービスもありますが、おすすめできません。

無料VPNは基本的に接続できるサーバーが少なく通信速度が遅いほか、セキュリティが脆弱で安心して利用できません。

個人情報が漏えいし、最悪の場合ウイルス感染や犯罪に巻き込まれる可能性が高いため、IPアドレスを海外に変更する際は必ず有料VPNを使いましょう。

この記事で紹介した「Millen VPN」や「NordVPN」は視聴可能な動画コンテンツが豊富であるほか、アプリが直感的な操作で使いやすいため、VPNを初めて使う方でも迷わず利用できます。

両サービスとも利用料金が格安なことにくわえ、30日間の返金保証がついているので、ぜひ気軽にお試ししてみてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次