【おすすめ度No.1】ミレンVPNの評判・口コミを調査してみた結果…

NordVPNを中国で利用する方法 中国のネット規制の仕組みと回避する方法を解説

中国ではネット規制が厳しく、日本で当たり前に使えるGoogleなどの検索エンジンやTwitter、LINEなどの各種SNSが利用できません。

規制を回避する方法としてVPNの利用が有効です。

この記事では「NordVPN」が中国のネット規制を回避できる理由や利用方法について解説します。

なお詳しい内容は「NordVPN(ノードVPN)の評判・特徴まとめ」で解説していますので、あわせて確認してみてください。

NordVPN
サーバー設置国数: 60ヵ国以上
サーバー数: 5,000台以上
月額料金 : 1,550円
最安価格 : 2年プラン 月額460円
最大同時接続台数 :6台
専用アプリ:Windows /MacOS/Linux/Android/iOS
Playstation/Xbox

公式サイトで詳細を見る

目次

中国におけるインターネット規制とは

中国全土では2003年から「グレート・ファイアウォール」と呼ばれるインターネット検閲システムが採用されており、以下のSNSやWebサイトが閲覧できません。

  • LINE、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNS
  • Youtubeを始めとした動画サイト
  • 中国政府や共産党に反対する趣旨のサイト
  • アダルトサイト

各SNSにアクセスできないことにくわえ政治的、共産党を批判するキーワードは遮断される仕組みがあります。

なお、この記事で紹介するNordVPN」を利用すれば様々なインターネットコンテンツを中国で見れることが可能なためご安心ください。

ほかにも、中国におすすめのVPNもまとめているので、こちらも参考になります。

中国のグレート・ファイアウォールが検閲する仕組み

「グレート・ファイアウォール」は以下の仕組みによりWebサイトを遮断しています。

  • DNSのチェック
  • IPアドレスのチェック
  • 検索ワードのチェック
  • Webサイトのスキャン

DNSとはIPアドレスとドメイン名を管理しているシステムであり、Webサイトを閲覧するために必要なシステムです。

DNSをチェックし、システム上ブロック対象のWebサイトと判断されると、アクセスを遮断されてしまう仕組みです。

また、中国政府や共産党の批判に対するキーワードもチェックが入る仕組みがあるため、Webサイトの削除や閲覧が遮断される対象となります。

中国がネット規制を強化している理由

各SNSやWebサイトの遮断が世界的に見ても厳しい中国ですが、ネット規制を強化している理由として以下の2つが挙げられます。

  • インターネット上で行われる中国政府に対する組織的な批判への対策
  • 自国の通信産業発展のために、他国のサービスを排除している

Twitterなど、拡散力のあるSNSでの政府批判を防ぐための対策や、自国のサービスを育成し、産業発展させるために他国のサービスを使えなくさせるといった理由があります。

\30日間返金保証 /

中国のインターネット規制を回避するにはVPNが有効

規制が厳しい中国で唯一、インターネット規制を回避できる方法がVPNを使った接続です。

VPNは仮想プライベートネットワーク(Virtual private network)の頭文字を取ったものであり、別の国のサーバーを経由してサイトにアクセスできるため、規制に引っかかりません。

したがって、中国にいながらでもGoogleやTwitterなどのサイトへアクセスができます。

現在はVPNへの規制も強化されている

中国は2017年ごろからVPNへの規制を行っており、現在ではアクセスをブロックされてしまうVPNが多いです。

無料のVPNはほとんど規制されていることにくわえ、有料のVPNであっても一部しか使えません。

なお、この記事で紹介する「NordVPN」は中国でも利用できます。

\30日間返金保証 /

NordVPNは中国のインターネット規制を回避できる

NordVPN
サーバー設置国数: 60ヵ国以上
サーバー数: 5,000台以上
月額料金 : 1,550円
最安価格 : 2年プラン 月額460円
最大同時接続台数 :6台
専用アプリ:Windows /MacOS/Linux/Android/iOS
Playstation/Xbox

公式サイトで詳細を見る

中国でインターネット規制を回避し、安全に利用する場合は「NordVPN」がおすすめです。

公式から発表されている「難読化サーバー」という特殊なサーバーが利用できるため、ブロックされることなく安全にインターネットが使えます。

さらに「NordVPN」は他サービスと比べて知名度が高いことや、強固なセキュリティ機能などがあるため人気の高いVPNです。

料金も2年契約プランが、ほかVPNと比べて月額470円と格安であり、30日間返金保証がついているため、契約するハードルは低いです。

なお「NordVPN」のメリット・デメリットなど詳しい内容は「NordVPN(ノードVPN)の評判・特徴まとめ」こちらにまとめていますので、あわせて確認してみてください。

NordVPNでは、制限が厳しい中国でもVPNを使用できるように、難読化サーバーと呼ばれる、規制回避用のVPNサーバーを開発しました。このサーバーは、VPN通信を普通のHTTPS通信にカモフラージュすることでグレートファイアウォールを回避できるようにします。

https://nordvpn.com/ja/blog/china-vpn/

\30日間返金保証 /

中国ではNordVPNの難読化サーバー使うのがおすすめ

NordVPN」では、難読化サーバーを使用することが可能なため中国でブロックされずにインターネットの利用が可能です。

通常のVPNでは、IPアドレスから利用が検出されてしまいますが、難読化サーバーを利用することでIPアドレスを隠蔽することができます。

したがって、VPNを利用しているかがわからなくなるため、ブロックされなくなります。

中国に行く前にNordVPNをダウンロードしておく

中国のインターネット規制は厳しく、中国内で「NordVPN」のダウンロード・インストールをできない可能性があるため、日本国内で事前に準備しておくことをおすすめします。

NordVPNが繋がらない場合は?

NordVPN自体が中国によってブロックされているなど、状況によっては接続が安定しない時期がある模様です。

NordVPN運営が対応の修正などをしていると公式で明言しているので、こちらの対応が終わればスムーズに接続できることになる可能性が高いと思われます。

接続できない場合には、まず複数のサーバーの接続を試してみることをおすすめします。

\30日間返金保証 /

NordVPNを中国で使う方法まとめ

  • 中国ではネット規制が厳しく、各種SNSやWebサイトの閲覧ができない
  • ネット規制を回避するには「NordVPN」がおすすめ
  • 中国に行く前にVPNのダウンロード・インストールをしておくのがよい

中国では世界的に見ても規制が非常に厳しく、GoogleなどのWebサイトをはじめ、TwitterやLINEなどのSNSが使えないため、規制を回避するにはVPNが必要です。

しかし、2017年からVPNに対する規制も行われており、現在では規制を回避できるVPNは限られています。

この記事で紹介した「NordVPN」は知名度が高く、セキュリティ機能が充実していることにくわえ、VPNを使っていることが分からないようにできる「難読化サーバー」を利用できるため、中国での利用におすすめです。

他サービスと比べて月額料金も格安であり、30日間の返金保証もついているため、ぜひ試してみてください。

なお、中国で「NordVPN」を利用する際は、現地でダウンロードやインストールができない可能性があるため、行く前に準備しておくのがよいでしょう。

\30日間返金保証 /

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次