MENU
NordVPN 使い方

VPNは本当に危険性があるのか?|安全と言える理由やセキュリティに優れるサービスを紹介

VPNは本当に危険なのか?

この記事では、VPNは本当に危険性があるのか?についての回答のほか、以下の内容について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

スクロールできます
おすすめVPNソフト月額料金(税込)同時接続台数返金保証
ProtonVPN5~30ユーロ(プランによる)1~10台(プランによる)有り
ExpressVPN12.95ドル5台有り
NordVPN1,507円6台有り
1カ月契約時の料金および詳細
目次

VPNは本当に危険性があるのか?

検索エンジンで「〇〇VPN 危険性」といった候補が挙がるくらい、VPNの危険性について知りたい人が多いです。

結論から言えば、有料のVPNサービスは危険性はほぼありません。

反対に、無料のVPNや知名度の低いVPNは危険性がないとは言い切れないので、VPNサービスを利用する場合は、有料かつ有名なサービスを利用しましょう。

有料のVPNであってもインターネットの性質上、100%安全ではない点にご注意ください。

VPNが安全と言える理由

VPNは多くの場合、セキュリティ対策として以下の機能を備えています。

この項目では、VPNの安全性を支えるそれぞれの機能について解説します。

  • ノーログ
  • キルスイッチ
  • トンネリング

ノーログ

NordVPNの掲げるノーログポリシー
NordVPNの掲げるノーログポリシー

有料のVPNサービスのほとんどは、閲覧履歴やIPアドレスなどの記録を保存しない「ノーログ」をポリシーとしています。

無料のVPNの場合、接続者の情報が残ってしまう場合が多く、安全性に欠けると言わざるを得ないので、おすすめできません。

通信の記録は法律で義務付けられている国が多く、ノーログを掲げるVPNサービスはパナマなどのデータ保持法のない国で運営されています。

Kill Switch(キルスイッチ)

kill switch
NordVPN

Kill Switch(キルスイッチ)とは、VPNを利用していない状態の保護されていない通信を確立するのを防ぐ機能です。

具体的には、不意にVPNサーバーとの接続が切れた際に、そのまま接続を再開しようとせず、インターネットアクセスをブロックします。

キルスイッチが作用すると、再びVPNサーバーに接続されるか、キルスイッチの機能をオフにするまでインターネットへの接続はブロックされたままになります。

トンネリング

ExpressVPN

トンネリングとは、インターネットの通信技術のひとつで、デバイスとインターネット間の暗号化に用いられます。

ExpressVPN

トンネリングについて簡単に説明すると、VPNで行われるデータ通信は、いったん断片化(パケット)されたあとに配置され、それらのデータは暗号化されているので外部からは参照できなくなっています。

また、トンネリングはIPアドレスを普段使っているISPから割り当てられているものではなく、複数のユーザーに共有されているIPアドレスを表示します。

つまり、VPNのトンネリング技術を利用することによって、「安全性」と「匿名性」の両方を得ることができます。

VPNが抱えるセキュリティリスク

VPNが抱えるセキュリティリスク

データの暗号化やキルスイッチによって安全性の高いVPNですが、使い方によってはセキュリティリスクが高まるので注意が必要です。

この項目では、特に注意したい点を3つ取り上げます。

  • 公共の無料Wi-Fi利用による盗聴
  • 専用アプリのアップデートを怠る
  • 通信データを悪用される

公共の無料Wi-Fi利用による盗聴

VPNを利用する際は、無料で提供されている公共のWi-Fiの利用は避けましょう。

誰でも簡単にアクセスができる無料のWi-Fiは、悪意のある第三者に盗聴されている可能性があり、VPNを利用していたとしても個人情報を知られたり、ハッキングされるリスクが発生します。

専用アプリのアップデートを怠る

インターネットの世界では、常に脆弱性を付いた悪質な行為が日々行われており、不正を働く側と修正を行う側のいわゆるイタチごっこが続いています。

各社の専用アプリは日々アップデートが行われており、これには通信に関わる脆弱性の修正も含まれています。

そのため、専用アプリのアップデートを怠ってしまうと、脆弱性が放置されたままとなり、悪意のある第三者による不正アクセスが行われる原因になるので、常に最新の状態に保ちましょう。

通信データを悪用される

ノーログをうたっているVPNサービスなら問題はないのですが、中にはユーザーの接続情報を記録として残し、個人情報や履歴をもとに悪用されるケースがあり得ます。

データ保持法のない国が運営しているVPNサービスであったり、中継サーバーが個人によって提供されている無料VPNは、ユーザーの情報を保持している可能性が非常に高いので、利用はおすすめできません。

危険性のない安全なおすすめVPNサービス3選

この項目では、セキュリティ対策がしっかりと取られているおすすめのVPNサービスを厳選して紹介します。

どのサービスも30日間返金保証付きなので、「まずはVPNはどんなものか試してみたい」方でも気軽に利用できます。

おすすめVPNソフト月額料金(税込)同時接続台数返金保証
ProtonVPN5~30ユーロ(プランによる)1~10台(プランによる)有り
ExpressVPN12.95ドル5台有り
NordVPN1,507円6台有り
1カ月契約時の料金および詳細

ProtonVPN

ProtonVPNロゴ
スクロールできます
サーバー設置国数50ヵ国以上
サーバー数1,200以上
月額料金1カ月:3.29ユーロ~30ユーロ(プラン・契約年数による)
最安価格2年間:78.9ユーロ 月額3.29ユーロ(Basicプラン)33%OFF
最大同時接続台数1~10台(プランによる)
専用アプリ有り(Windows/MacOS/Linux/ChromeOS/Android/iOS)
ProtonVPNの基本仕様
おすすめポイント
  • ほぼ全てのプラットフォームに対応
  • 完全無料のFreeプランあり
  • 独自のSecure Coreサーバーにより非常に高いセキュリティ

ProtonVPN」は、スイスに本拠地を置くProton Technologiesが2017年より運営されているVPNサービスです。

ほかのサービスにはない、Secure Coreサーバーを用いたワンランク上のセキュリティ対策を行っているため、極限までリスクを抑えたい人におすすめです。

加えて、完全無料のFreeプランもあるので、初めてVPNを利用する方なサービスです。

\Freeプランでお試しに最適/

関連記事 ProtonVPNの特徴・評判まとめ

ExpressVPN

exprressVPNロゴ
スクロールできます
サーバー設置国数94カ国
サーバー数3,000以上
月額料金1カ月 :12.95ドル
最安価格12カ月:80.04ドル(月額6.67ドル) 49%OFF
最大同時接続台数5台
専用アプリ有り(Windows/MacOS/Linux/Android/iOS/ルーター)
ExpressVPNの基本仕様
おすすめポイント
  • 業界最高水準の通信速度
  • 情報セキュリティの高さ
  • サポートが丁寧

ExpressVPN」は英領バージン諸島に本拠地を置くVPNサービスです。

名前が現すように、業界最速クラスの通信速度がウリのVPNサービスなので、少しでもストレスなく通信を行いたい方におすすめです。

また、カスタマーサポートが丁寧と評判で、日英自動翻訳のチャットが利用できるので、困った時でも安心です。

\業界最高水準の通信速度/

関連記事 ExpressVPNの特徴・評判まとめ

NordVPN

NorVPNロゴ
スクロールできます
サーバー設置国数60ヵ国以上
サーバー数5,000台以上
月額料金1ヶ月:1,507円(税込)
最安価格2年間:12,114円(税込) 月額460円 ※51%オフセール中
最大同時接続台数6台
専用アプリ有り(Windows/MacOS/Linux/Android/iOS)
NordVPNの基本仕様
おすすめポイント
  • 長期契約の割引率が高い
  • 日本語に対応していて使いやすい
  • 対応動画コンテンツが多い

NordVPN」はパナマに籍を置くTefincomが運営するVPNサービスです。

NordVPNは対応する動画コンテンツが多いため、旅行先でもNetflixなどのサービスを利用したい人におすすめです。

長期契約を行うと非常に高い割引率になるので、長く使う予定なら、1年以上の契約を推奨します。

\日本語対応で使いやすい/

関連記事 NordVPNの特徴・評判まとめ

VPNの危険性についてまとめ

スクロールできます
おすすめVPNソフト月額料金(税込)同時接続台数返金保証
ProtonVPN5~30ユーロ(プランによる)1~10台(プランによる)有り
ExpressVPN12.95ドル5台有り
NordVPN1,507円6台有り
1カ月契約時の料金および詳細
  • VPNの危険性は低く、むしろ安全性を高めるために導入する
  • 無料のVPNサービスはセキュリティ面で信頼性に欠けるのでおすすめできない
  • 有料のVPNであってもインターネットの性質上、100%安全ではない
  • 数あるVPNサービスの中でも「ProtonVPN」が特にセキュリティ面で優れている
  • 少しでも安全にVPNサービスを利用するために「VPNが抱えるセキュリティリスク」を参考にする

VPNは危険なのか?と思っている方もいますが、むしろ安全性を高めるために使われるサービスです。

有料のVPNサービスは、「ノーログ」「通信の暗号化」「キルスイッチ」など機能が充実しており、インターネット通信の安全性と匿名性を高めます。

ただし、無料のVPNは上記の機能がないことが多く、セキュリティ面では信頼性に欠けるので、安全性を重視するなら利用すべきではありません。

なお、有料のVPNサービスであっても、インターネットの性質上、常に100%安全ではないので、VPNサービスを利用する際には「VPNが抱えるセキュリティリスク」を参考にしてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次