【おすすめ度No.1】ミレンVPNの評判・口コミを調査してみた結果…

ビデオマーケットを海外から見る方法 視聴する際に「エラーが発生しました」と表示される原因についても解説

ビデオマーケットを海外から見る方法

この記事では「ビデオマーケット」を海外からでも見たいという方に向けて、VPNサービスを利用した方法で解決策を紹介していきます。

上記の内容について詳しく解説していきます。

また、当サイトではVPNのおすすめサービスを紹介している記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事 VPN おすすめ

スクロールできます
おすすめVPNサービス月額料金返金保証特徴評価
1,496円有(30日間)国内運営サービスなので安心
(5.0 / 5.0)
NordVPNロゴ1,520円有(30日間)動画視聴サービスの充実
(5.0 / 5.0)
1カ月契約時の料金および詳細
目次

ビデオマーケットが海外から見られない理由

海外からだとエラーメッセージが表示されます

ビデオマーケットは日本独自のストリーミングサービスのため、海外からのアクセスは弾かれてしまい「エラーが発生しました」と表示されてしまいます。

そのため、ビデオマーケットを見るためには日本からのアクセスではないと視聴は不可能ですが、「VPNサービス」を用いることで一発で解決できます。

VPNサービスを簡潔に説明すると、「仮想IPアドレスを利用して海外からでも日本からのアクセスした様に見せることができる」機能です。

上記の様に聞くと、「それって違法なのではないか?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、基本的にVPNの利用は一部の国を除いて合法です。

こちらは「日本でVPNを使用するのは合法?」の記事にて詳しく解説しています。

ビデオマーケットを海外から見る方法

by ビデオマーケット

実際にどのような手順でビデオマーケットを海外から見れるのか気になる方に向けて、ビデオマーケットを見るまでの方法を記載しています。

おすすめのVPNサービスについては後述にて解説しているのでぜひ合わせて参考にしてみてください。

STEP
アプリを起動し日本(Japan)サーバーへ接続する

筆者の契約している「MillenVPN」のアプリを例に説明します。

アプリを起動したら、スクロールバーをスクロールして「日本サーバー」を見つけて接続を押しましょう。

接続がクリックできたらVPNの役割は終了です。

検索窓に「Japan」と入力しリストから選択しても見つけることができます。

STEP
接続が完了したら公式ホームページかアプリを利用し視聴する

接続が完了した後はビデオマーケットの公式サイトにアクセスして、動画が見れるかチェックしてください。

動画を見ることができれば無事完了です。

もし見れない場合は、VPNサービスに問い合わせるか、接続先のサーバーを変更してみましょう。

無料VPNを利用している場合はVPN自体が動画サービスに対応しておらず、見れないことが多いので注意してください。

ビデオマーケットを海外から見るのにおすすめなVPNサービス

ビデオマーケットを海外から見るのに「どのVPNサービスを選べばいいのか?」という悩みをこの項目で解説していきます。

筆者個人的におすすめなのはMillen VPNで、国内運営サービスで返金保証から解約まで非常にスムーズに対応できるのが大きなメリットです。

Millen VPNの特徴

Millen VPN
サーバー設置国数: 72カ国以上
サーバー数: 1,300台以上
月額料金 : 1,496円
最安価格 : 3年プラン 月額968円
最大同時接続台数 :5台
専用アプリ:Windows /MacOS/Linux/Android/iOS

公式サイトで詳細を見る

メリットデメリット
日本の運営なので安心して利用できる
サービス対応表が公式サイトに掲載されているのでわかりやすい
VPNサービスの中では1ヶ月プランの利用料金が安い
解約が約3分で簡単にできる
一部接続できない国がある
対応デバイスは他に比べるとやや少なめ

Millen VPNの一番の特徴は日本が運営していることです。

VPNサービスの多くは海外で運営されており、日本語対応していないものも多いため、金銭のやり取りや、サポート体制において不安が大きい印象があります。

ですが、Millen VPNであれば日本語に対応かつ日本運営なので安心してやり取りが行なえます。

VPNサービスを登録したあとに「見たいと思っていたVODに対応していなかった」というトラブルも他VPNではあります。

ですがMillenVPNであれば公式サイトの対応表に「ビデオマーケット」がしっかりと対応していることが確認できるので安心して利用することが可能です。

\日本運営なので安心できる/

NordVPNの特徴

NordVPN
サーバー設置国数: 60ヵ国以上
サーバー数: 5,000台以上
月額料金 : 1,520円
最安価格 : 2年プラン 月額460円
最大同時接続台数 :6台
専用アプリ:Windows /MacOS/Linux/Android/iOS
Playstation/Xbox

公式サイトで詳細を見る

メリットデメリット
長期契約の割引率が高い
さまざまな動画配信サービスに対応
国家レベルの暗号機能で情報漏えい防止
操作が簡単で初心者でも扱いやすいアプリ設計
海外運営なのでカスタマーサポートは英語で対応する必要がある

VPNに接続すると、一度サーバーを経由するため、通信速度が落ちてしまいます。そのため通信速度が遅いVPNサービスですとまともに動画視聴ができません。

ですが「NordVPN」は通信速度の速さが他サービスと比較して非常に優秀で、ストリーミングなどでも一時停止することは基本的にありません。

また、NordVPNは世界中の5,300万人を超えるユーザーからシェアされている人気VPNサービスなので、信頼と実績のあるため安心して利用することもできます。

ビデオマーケット以外にも様々な動画配信サービスに対応している、初心者でも扱いやすいサービスとなっています。

\日本語対応で使いやすい/

ビデオマーケットを海外で見る方法に関するよくある質問

ビデオマーケットを海外で見る方法に関するよくある質問と、その回答をまとめました。

ビデオマーケットを海外から見ることは合法ですか?

中国、ロシア、北朝鮮など一部の国を除き、VPNの利用は完全に合法です。

ただし、ストリーミングサービスによってはVPNを介して視聴することが利用規約に抵触する可能性があるので、あくまで自己責任で行いましょう。

ビデオマーケットを海外から見るために使える無料VPNサービスはありますか?

セキュリティや通信品質などの面から、無料VPNの利用はおすすめできません。

無料VPNサービスの中には、セキュリティ性能が低くかえってリスクを高めてしまうものが存在します。

どうしても無料VPNサービスを利用したいという方は「無料で利用可能なVPNおすすめ」の記事を参考にしてください。

海外のサービスを利用するのに不安があります。

海外企業が運営しているサービスでも、ほとんどの場合日本語に対応しているので英語が苦手な方でも心配いりません。

完全に日本語対応でのサポートを受けたいという方は、日本企業が運営している「Millen VPN」がおすすめです。

VPNを利用しても海外からビデオマーケットが視聴できません。

VPNの接続サーバーを変更して再度試してみましょう。

サーバーによっては、IPアドレスなどの情報からアクセスがブロックされる場合があります。

ビデオマーケットを海外で見る方法まとめ

スクロールできます
おすすめVPNサービス月額料金返金保証特徴評価
1,496円有(30日間)国内運営サービスなので安心
(5.0 / 5.0)
NordVPNロゴ1,520円有(30日間)動画視聴サービスの充実
(5.0 / 5.0)
1カ月契約時の料金および詳細
  • ビデオマーケットは日本独自のストリーミングサービスなので通常であれば海外から見ることは不可能
  • VPNサービスを利用することで、海外からでも簡単にビデオマーケットが視聴可能
  • 日本運営で信頼できるVPNサービスを利用したい方は「Millen VPN
  • 様々な動画配信に対応したVPNサービスを利用したい方は「NordVPN

ビデオマーケットを海外から視聴するには、VPNサービスの利用が必須です。ただ、サービスを導入するにはVPNの知識がないためハードルが高いと感じる方も多いと思います。

ですが、この記事で紹介しているVPNは、日本語対応もしており、サポート体制も盤石で、30日間であれば返金対応もしているため、迷ったら2つのサービスのうちどちらかを利用するのがおすすめです。

もしサービスが気に入らなかった場合は、返金保証を利用すれば実質無料になりますし、気に入った場合は長期的な契約を行えば安く登録ができます。

もちろん、VODを視聴する以外でも、セキュリティを強化することができるメリットがあるため、より安全にインターネットを利用したい方にもおすすめです。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次