【おすすめ度No.1】ミレンVPNの評判・口コミを調査してみた結果…

筑波大学のVPN(VPN Gate)に危険性はないのか? 安全性が高いおすすめのVPNサービスや繋がらない場合の対処法を紹介

筑波大学が運営するVPNサービス『VPN Gate』は、知名度の高いVPNサービスのひとつです。

しかし、「VPN Gateは無料で使えるけど危険性はないのか?」という疑問をもつ方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では『VPN Gate』 の危険性やおすすめのVPNサービスのメリット・デメリットについて解説しています。

VPN Gateについてより詳しく知りたい方は、「VPN Gateの特徴・評判」もあわせてお読みください。

結論を述べると、筑波大学のVPN Gateはセキュリティ上の理由でおすすめできません。

「おすすめのVPNが知りたい」という方は、「安全性が高いおすすめのVPNを知りたい」の項目で詳しく解説しています。

スクロールできます
おすすめVPNサービス月額料金返金保証特徴評価
1,496円有(30日間)国内運営サービスなので安心
(5.0 / 5.0)
NordVPNロゴ1,550円有(30日間)動画視聴サービスの充実
(5.0 / 5.0)
1カ月契約時の料金および詳細
目次
VPN Gate
VPN Gate
サーバー設置国数: サーバー提供者による
サーバー数: 7000台以上
月額料金 : 無料
最安価格 : 無料
最大同時接続台数 :5台
専用アプリ:Windows /MacOS/Linux

公式サイトで詳細を見る

『VPN Gate』は筑波大学が2013年から研究のためにボランティアで運営しているVPNサービスです。

学術目的で提供されているため、ユーザー登録などは不要で誰でも利用できます。

しかし、中継サーバーが有志のボランティアから提供されているので、通信が不安定だったりサーバー接続のログがどのように保護されているかははっきりとしていません。

また、VPN Gateの専用接続アプリはPC版のみ提供されており、モバイル端末からVPN接続を行うにはある程度の知識が必要です。

これらの事情から、VPN Gateはセキュリティ性や操作性に不安要素が多く、特に初心者には不向きなVPNサービスとされています。

関連記事 VPN Gateの特徴・評判まとめ

VPN Gate(筑波大学VPN)に危険性やおすすめできない理由

『VPN Gate』は誰でも無料で使用できますが、セキュリティの観点で見るとおすすめはできません。

理由は下記の3つです。

  • サーバー提供者の素性が分からない
  • ログが残るなど、セキュリティ面で不安がある
  • 通信速度が安定しない

サーバー提供者の素性が分からない

『VPN Gate』では、ボランティアが提供するサーバーを無料で利用しています。

中には素性の分からないサーバーもあるため、何らかのトラブルに巻き込まれる可能性を排除できません。

企業によって運営されているVPNサービスとは異なり、安全とは言い難いのが現状です。

ログが残るなど、セキュリティ面で不安がある

『VPN Gate』は有料のVPNサービスと違い、ノーログポリシーが厳格でないため、ログを取られるリスクがあります。

そのため、VPN Gateを介してインタネットに接続した場合、送受信したデータが第三者によって閲覧される可能性があります。

各VPNサーバーの管理者によって方針が異なることが分かっているため、接続したサーバー次第ではインターネット上でやり取りしたデータを記録されてしまうかもしれません。

有料サービスの「ノーログVPN」とは異なり、常にログが漏洩するリスクがあります。

ここでいうログとは通信ログであり、通信時間や通信の内容が記録されることです。

通信速度が安定しない

『VPN Gate』は有料のVPNサービスと違いボランティアであり、設置国もまちまちなので通信速度が安定しません。

また、接続できるサーバーを探すのが大変で、接続が不安定で切断されてしまうこともあります。

関連記事 VPNは本当に危険性があるのか?

VPN Gate(筑波大学VPN)でNetflixやAmazonプライムビデオは見れる?

『VPN Gate』を利用することでNetflixやAmazonプライムビデオを見ることは可能です。

しかし、サーバー提供者の素性が分からないことや通信が安定しないことからも継続的な利用はおすすめできません。

また、VPN Gateの中継サーバーは有志によって提供されているため、いつまでも同じサーバーが利用できる保証がなく、昨日見れたのに今日は見れないといったケースも十分考えられます。

したがって、VPNサービスを使って動画サイトを見ることが目的であれば、安全性が高く、通信の安定している有料VPNサービスを使うことをおすすめします。

関連記事 Amazonプライムビデオで海外から制限されている作品を見る方法

初心者には返金保証に対応している有料VPNがおすすめ

『VPN Gate』は無料で多くのサーバーを利用できるなどのメリットがある反面、セキュリティ面の不安や通信が安定しないなどのデメリットやストレスも多いのが事実です。

ここでは、じゃあどのVPNを使えばいいの?という方に向けて初心者に最もおすすめな「Millen VPN」と「NordVPN」を紹介します。

有料ではありますがどちらも30日間の返金保証に対応しているため、実質無料で使用することができます。

本当に返金されるのか不安…という方は「MillenVPNの解約方法」「NordVPNの解約方法」で解約までの手順を解説しているので、先にそちらをチェックしてみるのもおすすめです。

スクロールできます
おすすめVPNサービス月額料金返金保証特徴評価
1,496円有(30日間)国内運営サービスなので安心
(5.0 / 5.0)
NordVPNロゴ1,550円有(30日間)動画視聴サービスの充実
(5.0 / 5.0)
1カ月契約時の料金および詳細

Millen VPNの特徴

Millen VPN
サーバー設置国数: 47カ国以上
サーバー数: 1,300台以上
月額料金 : 1,496円
最安価格 : 3年プラン 月額968円
最大同時接続台数 :5台
専用アプリ:Windows /MacOS/Linux/Android/iOS

公式サイトで詳細を見る

メリットデメリット
・日本の運営なので安心して利用できる
・サービス対応表が公式サイトに掲載されているのでわかりやすい
・VPNサービスの中では1ヶ月プランの利用料金が安い
・一部接続できない国がある

Millen VPNはVPNサービスの中では珍しく日本国内で運営しています。

VPNサービスときくと、「海外運営だからお金のやり取りをするのは少し心配」「サポートに英語でやり取りするのが手間」というイメージを湧く方もいるかもしれません。

ですが、Millen VPNであれば日本語に対応かつ日本運営なので安心してやり取りが行なえます。

また、公式サイトにはしっかりと、「どのサーバーに接続できるか」の対応表が掲載されているため、不安なく安心して登録できるのも大きなメリットです。

\日本運営なので安心できる/

NordVPNの特徴

NordVPN
サーバー設置国数: 60ヵ国以上
サーバー数: 5,000台以上
月額料金 : 1,550円
最安価格 : 2年プラン 月額460円
最大同時接続台数 :6台
専用アプリ:Windows /MacOS/Linux/Android/iOS
Playstation/Xbox

公式サイトで詳細を見る

メリット
デメリット
  • 対応動画サービスが充実している
  • 高速通信で安定した接続
  • 接続時にログを取られない
  • 無料版がない
  • 接続地域によっては遅くなる

料金プランが2年で月額460円という料金でありながら、セキュリティ面が多機能でしっかりしているなどの部分が「NordVPN」の評判に良さにつながっています。

また、一般的なすべてのプラットフォームと互換性があるのも便利です。

有料契約にしたいが高い金額を払うのは気が引けるという方や、長期での利用やしっかりしたセキュリティを求めている方におすすめです。

30日間の返金保証も付いているので「お金をかけてまでVPNに登録するのはちょっと…」という方でもしっかりと返金されるので安心して登録できます!

関連記事 NordVPN 評判

VPN Gate(筑波大学VPN)についてよくある質問

VPN Gateについてよくある質問

VPN Gateを検討中、もしくは利用している方のよくある質問を紹介します。

VPN Gateは無料トライアル期間はありますか?

筑波大学が研究や実験のためにボランティアで提供しているため無料で利用できます。

VPN Gateはなぜ安全ではないのですか?

サーバー提供者の素性が分からないことや、セキュリティの観点から安全とはいえません。

VPN Gateが繋がりません

VPN設定の確認や中継サーバーの変更をしてみましょう。

アドレスやパスワードの打ち間違えやOSごとに異なる推奨サーバーの設定が必要です。

また、中継サーバーを変更することで繋がる場合もあります。

上記で解決しなければ『VPN Gate』公式サイトの接続方法もあわせて確認してみましょう。

Androidでも使えますか?

PC(Windows・Mac)にくわえ、Android・iPhoneともに使用可能です。

ただし、モバイルアプリはなく、各端末に備わっているVPN機能を利用する必要があります。

AndroidおよびiOSで利用したい方は「VPN Gateのクライアント導入から接続まで使い方」記事を参考にしてください。

VPN Gate(筑波大学VPN)のまとめ

スクロールできます
おすすめVPNサービス月額料金返金保証特徴評価
1,496円有(30日間)国内運営サービスなので安心
(5.0 / 5.0)
NordVPNロゴ1,550円有(30日間)動画視聴サービスの充実
(5.0 / 5.0)
1カ月契約時の料金および詳細

本記事では『VPN Gate』 の危険性やおすすめのVPNサービスの特徴などについて解説しました。

筑波大学の『VPN Gate』は無料で使えるメリットがあるものの、通信速度やセキュリティの面でデメリットを抱えていることも事実です。

  • 筑波大学が研究のために提供しているため無料で利用できる
  • セキュリティなどの観点から危険性がある
  • 有料VPNはセキュリティ面や通信の安定性からおすすめできる

一方、「安全性が高いVPN」で紹介した有料のVPNサービスなら、ノーログポリシーが徹底されており安心して利用できます。

通信速度も安定しているため、動画視聴などの用途にも向いているでしょう。

「もっといろいろな有料VPNサービスを知りたい」という方は、「個人利用におすすめのVPN」で詳しく解説しています。

ぜひこちらの記事もあわせてお読みください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
目次